結婚式、披露宴、ウェディングの司会、ブライダルMC募集中。アニヴェルセル白壁など名古屋エリアのゲストハウス、結婚式場でのお仕事です。

名古屋 司会・ブライダルMC

名古屋・松坂・静岡 ブライダルMC・ブライダル音響

スタッフブログ

ハセガワエスティのMC・司会者

ハセガワエスティには、様々なニーズにお答えする、多様なバリエーションの司会者が在籍しています。クライアント様のご要望に合わせてキャスティング致します。適正価格と豊かな人間性、空間をまとめていくクオリティーを兼ね備えた司会者を教育し、育て上げています。安心してお任せ下さい。

ハセガワエスティのブライダル司会・婚礼司会

自分自身が、“瞬間瞬間を楽しめている事”がとても重要なことだと考えています。

ハセガワエスティでは、司会者の皆様と事務所の間で専属制をとっております。
会場スタッフの皆様やパートナー企業の方々とのコミュニケーションとチームワークでぴったり呼吸の合った、絶妙な披露宴を創り出しています。

お客様本位で、スタッフとゲストが一体となって創り出していくライブ感あふれる、まさに生のパーティが感動を呼んでいます。

一人ひとりが個性を生かし、司会者自身も「楽しい結婚式だった」「このパーティに参加できて良かった」と心から思えるブライダル司会を目指しています。

ハセガワエスティの司会「ムヌールコンセイユ」

パーティの代表と言えば、ウエディングパーティ。
結婚式の素晴らしさとは、人が人として存在し続ける中で、欠かすことの出来ない「心のふれあう」一瞬を、パーティの中で具現化していくことではないでしょうか。
例えば、家族の愛情、友情、仕事上の師弟愛、様々な人間関係の中で繰り広げられる思いやりのかたち。新郎新婦の結婚の日までの歴史が、その瞬間に繰り広げられる「生のドラマ」に集約されているのです。

そんな、素晴らしいパーティのひと時を、司会MCによって創っていく、それがハセガワエスティのブライダル司会です。

従来のそつなく進行する、通り一遍の司会進行ではなく、自分で感じ、自分の言葉で司会をする、そして、その時心に響く瞬間が生まれる。
今日の、今の言葉で、新郎新婦お二人とゲストの皆様の心が一つに響き合うようなパーティを、司会MCによって創り上げることができるのです。

単に正確にアナウンスするのではなく、自分自身の感性を言葉に盛り込みながら司会MCをしなければなりません。
それは、とても難しく、勇気がいることです。
言わば、「自分をさらけ出す」わけです。司会者としての人格や人柄、人としての優しさや思いやり、場を読む力、バランス感覚、などの総合力が求められます。

この難しさにトライし、継続していく事は「仕事を通じて自分を知り、自分を高め、個性を伸ばしていく」ことそのものです。
素晴らしい仕事に出会えたこと、そして幸運にもそれを仕事とし人に喜びを与えることが出来ることに、感謝と喜びを感じながら、司会者ひとりひとりが個性を生かし、司会者自身も「楽しい結婚式だった、感動のあるパーティだった」「このパーティに関わることが出来て本当に良かった」とこころから感じられる司会を、ひとつ一つ実現しています。

司会の現場から

Aya Mori

森 彩私は、披露宴の1ヶ月前に行う新郎新婦との打ち合わせが大好きです。
なぜなら、どのカップルにもそれぞれ素敵なドラマがあるから。
打ち合わせでは、お二人のご誕生から出会い、結婚に至るまでの道のりをお聞きします。どんなご家族の中で育ち、どんなお友達に出会い歩いてこられたのか。こんな風にお二人の人生に少しでも触れる事で、自然にお二人のお人柄や、披露宴に対しての思いが伝わってくるのです。
だから・・・結婚式当日、お二人の姿を目にした瞬間、嬉し涙が出てきちゃうんです。まるで、母のような気分で。
そうです。私の中で「大切なお二人」になっているのです。自然と披露宴も全力で臨んでいる自分がいるのです。
私にとって大切な方の大切な日を一緒に過ごさせて頂ける事に感謝です。
(森 彩)

Eri Goso

五艘 英里 ウェディングは、新夫妻の皆様の、個性溢れる幸せな表情に出会える事が魅力です。
「最高の思い出が出来ました」
お二人のこの言葉が、全ての原動力です。
一生に一度の大切な日に、一言、一言、真心を込めて司会します。
(五艘 英里)

Makiko Hiraizumi

平泉 真樹子 お打合せの際、思うように自分達の事を伝えられないご新郎ご新婦のために私が特に心がけていること、それは、「お二人の話の前にまず、ご招待する大切なゲスト方々のお話を伺い、お二人にリラックスしていただくこと」です。
どうしても自分たちの事になると緊張してしまう方もいらっしゃいます。
そういった場合には、違う観点から話題を見つけていきます。
やりたい事・やってみたい事などもゲストのお話を織り交ぜながら進めると、お二人の想いも見えてきます。また、サプライズの場面などもこの方にはこんなことをしてあげたいと、想いが強く伝わりますので、つい私も力が入ってしまいます(笑) また、司会を始めて数十年経ちましたが、披露宴後のお二人の近況メールなど、今でも交流が続いている方もいらっしゃいます。
本当にうれしい事です。
新人・ベテラン問わず毎回スキルアップできるよう、情報交換が整った環境です。
しっかりとしたマニュアルもあり、指導してくださるので、雰囲気も早く掴めました。
あたたかいスタッフに囲まれながら、今後も成長できるようがんばります。
(平泉 真樹子)