結婚式、披露宴、ウェディングの司会、ブライダルMC募集中。みなとみらい・横浜エリアのゲストハウス、結婚式場でのお仕事です。

横浜 司会・ブライダル司会者

アニヴェルセルみなとみらい横浜の司会者についてはこちらをクリック

スタッフブログ

ハセガワエスティ横浜

古き良き文化と、新しい街並み、小高い丘と、印象的な港
横浜のウェディングには素敵な環境が溢れています。
結婚式を挙げられるお二人は、
「青い海を眺めながらの結婚式にしたい!
私が生まれ育った横浜を、ご列席の皆様に見てもらいたい!
披露宴の中にも横浜のエッセンスを取り入れたい!」
あこがれの結婚式に想いふくらむ方が多い横浜の披露宴。
私達ハセガワエスティ横浜の司会は、お二人のそんなおもてなしのお気持ちを、
型通りのありきたりな言い回しでなく、自然な言葉でMCしています。
披露宴司会は単に進行案内役ではなく、新郎新婦の想いをゲストにお届けするメッセンジャー。あたたかい言葉で、披露宴を進行します。

横浜・藤沢司会者募集

披露宴の空間作りを大切にしているハセガワエスティのMCに共感をいただき、横浜方面のいくつもの会場から「司会のお仕事」のオファーを頂いています。
経験者の方は是非ご自身のご経験を活かして、ブライダルMCは未経験という方も、ご自分の声を活かして、「ありがとう」をいただける司会のお仕事を私達と一緒に楽しみながらつくりあげませんか?
司会としてのマインドや、今本当に求められている司会者のスキルは、ハセガワエスティ独自の研修カリキュラムでしっかりとレクチャーさせて頂きますのでご安心ください。
即戦力となって頂ける披露宴司会者様、ブライダルの基礎を1から学びたいというやる気のある方、共に募集しています。
2014年、横浜みなとみらいに新会場がOPEN!
新しい会場で一緒に楽しく司会のお仕事をしませんか? メンバーも募集しています。

ハセガワエスティ横浜 司会リーダー 波平華愛

横浜チームの司会リーダーをしております波平華愛です。
ハセガワエスティ横浜MCと言えば、なんと言ってもチーム力!
司会とは本来個々に仕事をしているイメージかと思いますが、横浜チームの司会者は仲間同志の助けあいや声がけを大切にしています。
新しいアイテムや素敵コメントの共有、何気ない会話の中にも司会としてのスキルアップのヒントが沢山溢れていて、共有することでお互いを高めあっています。
“大切な友人の披露宴にたずさわっているような、そんなあたたかい気持ちでパーティを作り上げること。”そんな風に思える司会の仲間達がいます。
最高のチームワークをベースに、司会者それぞれのパーソナリティーを生かした雰囲気作り・・・楽しく充実した週末を送る、個性も大切にしながら、皆で協力して司会をしています。

波平 華愛

司会の現場から

専属契約司会者さんの中から一部の司会者さんをご紹介します。(順不同)

Kaai Namihira

波平 華愛私は、幼いころから“結婚式”というものが大好きでした。成人して、司会の仕事をしていた私は、青山にあるアニヴェルセル表参道で友人の結婚式に出席し、感激しました。ここでブライダル司会をやってみたい、と瞬間に思ったのが始まりです。
結婚式の司会は、大変なことも、プレッシャーもありますが、お二人からの“ありがとうございました。楽しかったです!”の一言が聞けるだけで苦労も吹き飛びます。
また、ゲストの方が“いい結婚式だったね…”と、何気なくお話されながらお帰りになると心の中でガッツポーズです。
(東京・横浜エリア 司会・ブライダルMC 波平華愛)

Shinichiro Nara

奈良 信一郎結婚式の司会は、楽しいです。また、一方では、司会者としての高いプロ意識を求められる仕事でもあります。
涙も笑顔も憂いも感動もすべてがぎゅっと詰まったほんの3時間って、奇跡に近いと思います。結婚式の司会をしていると、人生に幾度とない奇跡を目の当たりにできます。司会者の言葉一つで感情の針を色んな方向へ振れさせることが出来るのも、楽しい所以です。でも、自分が司会を高めることで、「もっともっと感動してもらえたはず」「もしかしたらもっと笑顔になってもらえたかも」と思うと、努力 努力と奮起してきます。先日、司会をして披露宴お開き後にご挨拶をした際、「自分たちが思い描いたよりも3倍楽しかったし感動した」。イメージや想像の範囲を超えるほどに喜んでいただいた事がとても嬉しかったです。「3倍」という数字もリアルな感じで嬉しかったです。司会者冥利に尽きます。
(横浜エリア 司会・ブライダルMC 奈良信一郎)

Miki Kurihara

栗原 美季披露宴の創りだす空気感が好きです。
披露宴の司会として、素敵な空気感作りには欠かせないお二人のお人柄とお気持ち、それを事前にしっかりリサーチします。実はこの作業が司会という仕事の中で、一番好きかもしれません。
ひとつとして同じものはない、お二人の歴史。そのひとつひとつのドラマをお聞きしながら、お二人の披露宴と、司会コメントをイメージしていきます。お二人らしさが溢れる幸せな空気。それをさらに心地よい空気にしたくて、今日も結婚式の司会者として、マイクを握ります。
(東京・横浜エリア 司会・ブライダルMC 栗原美季)

Susumu Shibata

柴田 進人生には嬉しい日、楽しい日、辛い日、感動の日、いろいろな日が訪れます。
そんな中でも、結婚式披露宴の日というのは人生の大きな記念日になるのだと思います。新郎新婦からゲストの皆様への感謝のお気持ち、ゲストの皆様からの祝福のお気持ち、お互いのお気持ちが一つになって忘れることのできない大切な日になるのではないでしょうか。素晴らしい思い出と記憶はお二人の人生にとってかけがえのない宝物になることと思います。ブライダルMCとして、会場が皆様の笑顔と和やかな空気にあふれる大切な日のお手伝いをさせていただけましたら至福の喜びです。何と言っても人生を共に歩いて下さる良き伴侶とのご縁、出会いが一番素敵なことだと思います。
(横浜エリア司会・ブライダルMC 柴田進)

Momoko Saito

斉藤 桃子人生で一番素敵な約束をする結婚式。。
新郎新婦はもちろんのこと、お父様お母様、お二人の大切なお友達…ご列席される皆様にとっても、嬉しくて、楽しくて、そしてたくさんの幸せを感じる一日です。その素敵な記念日が、より心に残るひとときになるように、私も一緒に幸せを感じながら心を込めて司会をしています。
「結婚式っていいよね!」そんな気持ちが皆様にポッと灯るような披露宴となりますように。
(東京・横浜エリア司会・ブライダルMC 斉藤桃子)

Misaho Okamura

岡村 美早保私は人が大好きです。
人と人が出逢い結婚式を挙げる、新しい家族が増え、たくさんの人達の絆が結び付く。
そんな素晴らしい幸せの記念日のお手伝いができるブライダルMCのお仕事が大好きです。
第一に私が大切にしていることは新郎新婦に初めて会うお打合せです。
お人柄や、お二人の間に流れてきた大切な時間や思いをたくさん読み取り披露宴当日に繋げます。
そして、お二人を心からお祝いする気持ちで当日を迎えます。
披露宴当日は一生懸命、と言うより、一緒に楽しみ、私自身が幸せな気持ちを新郎新婦から頂いています。
これからも人生最高の記念日をたくさんの新郎新婦と一緒に楽しみたいと思います。
(横浜エリア司会・ブライダルMC 岡村美早保)

Masami Minemoto

嶺本 まさみ「この人と一生一緒に歩いていこう。」大きな決断をした新郎新婦。
そのお二人の幸せを心から願う親御様や、目を細めながらお二人の笑顔を見つめるご親族様。そして、嬉しさいっぱいのご友人。
お集まりいただいた皆様の想いを紡ぐ…ブライダルMCは、とても幸せなお仕事です。同時に、「自分にはこの場にいる資格があるのか」も自問自答しながら、司会台に立ちます。
「多くの方の想いに少しでも近く寄り添う」これが、私に出来ることの全て。これからも、『誰よりも幸せになる』お二人の幸せを、見送り続けたいと思っています。
(横浜エリア司会・ブライダルMC 嶺本まさみ)

Erika Inoue

井之上 恵利香結婚式とは人生に一度きり。
新郎新婦からゲストの皆様・親御様への感謝の気持ちが込められた披露宴ですのでとても長い時間をかけ準備されています。
私は、そんなお二人のこだわりやお気持ちをなるべくお越しいただいた皆様に知って頂きたいと常々感じています。
そのために行っている事が、「打ち合わせでのお二人との対話」です。
なるべく素のお二人でいていただけるよう、「お二人のことを沢山知りたいので、リラックスしてなんでもお話してくださいね。」そんな一言をお二人におかけするようにしています。司会打ち合わせだけは他の打ち合わせの合間の「ちょっとひと休み」と思って頂きたいのです。打ち合わせの中で聞かせていただいたお二人の出会いや、親御様との思い出は、当日のMCの参考にさせていただいています。
これからも幸せの場面のお手伝いができるよう日々「一期一会」を大切にし、お会いする新郎新婦と向き合っていきたいと思います。
(横浜柏エリア 司会・ブライダルMC井之上恵利香)

Mikiko Nagasawa

長澤 美紀子ウェディングパーティー当日にご紹介する新郎新婦のプロフィール。
このプロフィールを作成するのもブライダルMCの大事なお仕事のひとつです。お打ち合わせが終わって、お二人の表情や言葉を思い浮かべながら、お二人の半生を文字にしていく仕事。ついこの間まで、顔も知らなかったお二人のことを急に身近に感じる瞬間です。ご誕生から、学生時代を経て、お二人が出会い、素晴らしいその日を迎えるまでの時間を、より素晴らしく、より幸せだったと思える素敵なものにしたい。そう思いながら、言葉を選びます。
そうして迎えるウェディングパーティ当日。
ご家族の表情、温かい励ましの言葉の数々、そして本当に輝いているお二人の笑顔。そんな宝物に囲まれて、スタッフであっても、近いところでお二人を祝福できる、ブライダルの現場って本当に素敵だなあとつくづく感じています。
(東京横浜エリア 司会・ブライダルMC 長澤美紀子)

Chisato Annou

安納 知里 「また、司会お願いしたいですな~。・・・!あ!いや!本人ではなく、新郎には妹がおりますので!」
送賓の際に、ちょっぴりあわてながら、親御様から頂いたお言葉です。
結婚式は一生に一度。ですから司会も、新郎新婦ご本人方に携われるのは、この1回オンリーです。
それでもうっかり、「また」とか「今後とも」という言葉をいただくことがあるんです。
このゲストの方からのうっかり言葉の中に、「この司会者に出会えてよかった」と思っていただけたというリアルな実感があり、嬉しい瞬間です。
(東京・横浜エリア 司会・ブライダルMC 安納知里)

Shoko Moriwaki

森脇祥子沢山の幸せと感動が生まれる日、それが結婚式だと思います。この日を迎えるまでにお二人は時間をかけてご準備をされます。その想いは「ゲストの皆さんに楽しんでもらいたい!」「ご家族やゲストの方に感謝の気持ちを伝えたい」など様々です。私はお二人のお気持ちにできるだけ寄り添いながらそのお気持ちが伝わる空間を作りたいと司会をしております。パーティの後で、「楽しくて、もう1回披露宴をしたい(笑)」、「皆が温かい素敵なパーティだったよ」と言ってくれましたなど、お礼のメールをいただくと本当に嬉しくて・・・。緊張もしますし、大変なこともありますが、本当に素晴らしいお仕事だと思います。
(東京・横浜エリア司会・ブライダルMC 森脇祥子)

婚礼司会 「ムヌールコンセイユ」が活躍する結婚式場