結婚式、披露宴、ウェディングの司会、ブライダルMC募集中。東京ベイエリア、表参道などのホテル、結婚式場でのお仕事です。

東京 司会・ブライダル司会者

スタッフブログ

ハセガワエスティのMC・司会者

ハセガワエスティには、様々なニーズにお答えする、多様なバリエーションの司会者が在籍しています。東京・横浜・大宮・柏・立川など広範囲なクライアント様のご要望に合わせて、司会・ブライダルMCをキャスティング致します。適正価格と豊かな人間性、空間をまとめていくクオリティーを兼ね備えた司会者を教育し、育て上げて居ります。安心して司会・ブライダルMCを、お任せ下さい。

ハセガワエスティのブライダル司会・婚礼司会

自分自身が、“瞬間瞬間を楽しめている事”がとても重要なことだと考えています。

ハセガワエスティの司会者は、東京・横浜・大宮・柏・立川など広範囲に渡る取引先会場のスタッフの皆様や、パートナー企業の方々とのコミュニケーションとチームワークで、ぴったり呼吸の合った一体感のある結婚式・ブライダルパーティを、創り出しています。

お客様本位であり、スタッフとゲストが一体となって創り出していくライブ感あふれる、まさに「生の披露宴、婚礼パーティ」が感動を呼び、ハセガワエスティの司会・ブライダルMCは、皆様からご好評頂いて居ります。

一人ひとりが個性を生かし、司会者自身も「楽しい結婚式だった」「このパーティに参加できて良かった」と心から思えるブライダル司会を行っています。

ハセガワエスティの司会「ムヌールコンセイユ」

パーティーの代表と言えば、ウェディングパーティー。
新郎新婦となるお二人の愛情はもちろんの事、家族の愛情、友情、仕事上の師弟愛。様々な人間関係の中で繰り広げられる思いやりの「かたち」に新郎新婦の結婚式の日までの歴史が披露宴で繰り広げられる「生のドラマ」に集約されている、そんな、素晴らしい披露宴のひと時を、司会・ブライダルMCによって盛り上げ完成させていく、それがハセガワエスティのブライダル司会です。そして、その資格が「ムヌールコンセイユ」です。

従来のそつなく進行する、通り一遍の司会進行ではなく、「自分で感じ、自分の言葉で司会をする」そして、その時 初めて「心に響く瞬間」が生まれるのではないでしょうか?
披露宴司会者として、人柄、優しさや思いやり、場を読む力、バランス感覚などの総合力が求められるのが、ブライダルMC、婚礼司会者の「ムヌールコンセイユ」なのです。

結婚式の司会者として、ここにトライし、継続していく事は「仕事を通じて自分を知り、自分を高め、個性を伸ばしていく」ことそのものなのではないでしょうか。
素晴らしい結婚式の司会という、仕事に出会えたことに喜びを感じながら、司会者ひとりひとりが個性を生かし、司会者自身も「司会者として、このパーティーに関わることが出来て本当に良かった」と心から感じられる結婚式の司会を、ひとつ一つ実現し続けていきたいと思っています。

司会の現場から

専属契約司会者さんの中から一部の司会者さんをご紹介します。(順不同)

Naoko Horide

堀出 直子 新郎新婦お二人の感動や喜び、そして、ご家族の皆様の自然とあふれ出るお二人を包み込む優しい微笑みやまなざし。
素敵な空気につつまれる結婚式。
いつも感動で胸がいっぱいになります。
ブライダルMCのお仕事に出会えて、ほんとうに幸せだなと思う瞬間でもあります。
新郎新婦の想いをたくさん伺わせていただき、幸せの笑顔あふれる、優しく和やかな空気を皆様に感じていただけるよう願いを込め、そして心を込めて、司会をさせていただきます。
(東京・大宮エリア 司会・ブライダルMC 堀出直子)

Rikana Iizuka

飯塚 里香和 結婚式には、新郎新婦のお二人からゲストの皆様へ、ゲストの皆様から新郎新婦のお二人へ、そして新郎新婦がお互いへ向けての『伝えたい気持ち』に溢れています。
「ありがとう」「おめでとう」「幸せになってね」「大好きです」・・・
その思いを伝えるお手伝いをするのが、司会のお仕事だと思っています。
当日を迎える前に、新郎新婦のお二人にお会いできるのはわずかな時間ですが、お二人のお人柄、お伺いしたお話しをもとに、どのような表現をすればより伝わるかを想像し、司会をしています。
そして当日は、ゲストの皆様の反応をみて生まれる言葉も、大切なものとして伝えていきたいと考えています。
皆さんの想いが伝わり、笑顔に溢れている場面に立ち会わせていただき、私も幸せをいただいています。(東京エリア 司会・ブライダルMC 飯塚里香和)

Keiko Nakamizu

中水 敬子 私が司会として携わるお仕事は、新郎新婦の隣で灯る温かいキャンドルのようでありたいと思いっています。
何か月もかけて大切にご準備をされるお二人。
そして、その思い胸に、迎える披露宴当日。
幸せいっぱいの新郎新婦、心を込めてお手伝いをするスタッフ、そして祝福の気持ちいっぱいのゲストの皆様。
そんな皆様の気持ちを言葉で一つに繋ぎ、温かい一体感を作ることが司会の仕事です。
「いい披露宴だったね」「幸せな時間でした」「楽しかった」そんな声をいただくと、お二人の披露宴にあたたかい光を灯せたことに幸せを感じます。(東京エリア 司会・ブライダルMC 中水敬子)

Momoko Saito

斉藤桃子人生で一番素敵な約束をする結婚式。
新郎新婦はもちろんのこと、お父様お母様、お二人の大切なお友達…ご列席される皆様にとっても、嬉しくて、楽しくて、そしてたくさんの幸せを感じる一日です。その素敵な記念日が、より心に残るひとときになるように、私も一緒に幸せを感じながら心を込めて司会をしています。
「結婚式っていいよね!」そんな気持ちが皆様にポッと灯るような披露宴となりますように。
(東京・横浜エリア司会・ブライダルMC 斉藤桃子)

Hitomi Nasu

那須 ひとみ 多くの新郎新婦がいらっしゃるように、披露宴も様々。
一つとして同じものはありません。
一生懸命準備し当日を迎える新郎新婦のたくさんの想いをブライダルMCとして代弁し、披露宴の中でお客様に伝えたい。
そして何より、新郎新婦ご自身に、何の不安もなく披露宴当日を楽しんでほしい。
その事を一番に考え、いつも司会のお仕事をしています。
「“ご列席の方に、とても楽しかった。いい披露宴だった。”と言ってもらえたんです!!」と、後日喜びのお電話やメールをいただけると、ブライダルMCとしてお手伝いができたことに幸せを感じ、心から嬉しく思います。
これからも、たくさんの新郎新婦と出会えることが楽しみです!
(東京エリア 司会・ブライダルMC 那須ひとみ)

Beniko Mizuno

水野 紅子 私は「太陽をめざす女」をキャッチフレーズに、おしゃべりの仕事を始めました。太陽のように、まわりを暖かく、明るく、元気にする存在でありたいと思ったからです。
そんな中、ブライダルの司会をやらせて頂くようになり、その思いは強くなりました。
キレイな海が、太陽のもとだと、よりキラキラ輝いて美しく見えるように、新郎新婦のお二人やゲストの方の笑顔が、最高に輝くお手伝いをしたい!
幸せオーラいっぱいのお二人が、そう思わせてくれました。
お二人が、私の太陽なのかもしれませんね。
笑顔のまわりには、笑顔が集まります。
たくさんの笑顔に感謝しながら、今日も太陽をめざします!
(東京・大宮エリア 司会・ブライダルMC 水野紅子)

Chihiro Ohya

大家 千宙 披露宴司会のお仕事の素敵なところは、毎回毎回“生の感動”に出会えるところです。
幸せオーラいっぱいに新郎新婦が入場し、新婦の素敵なドレス姿に歓声が上がったり。
ゲストの方々から、楽しい思い出やほほえましいエピソードを、スピーチや余興で聞かせていただいたり。
結びのシーンは、新郎新婦から親御様へ、感謝の気持ちをお伝えする感動の瞬間。
まさに、涙あり笑いありの、密度の濃い時間です。
その場に立ち会っていると、心の芯が揺さぶられる感覚があって、お開きするといつも清々しい気持ちになります。
私はこの司会の仕事が好きなんだな、と思う瞬間です♪
(東京エリア 司会・ブライダルMC 大家千宙)

Chisato Annou

安納 知里 「また、司会お願いしたいですな~。・・・!あ!いや!本人ではなく、新郎には妹がおりますので!」
送賓の際に、ちょっぴりあわてながら、親御様から頂いたお言葉です。
結婚式は一生に一度。ですから司会も、新郎新婦ご本人方に携われるのは、この1回オンリーです。
それでもうっかり、「また」とか「今後とも」という言葉をいただくことがあるんです。
このゲストの方からのうっかり言葉の中に、「この司会者に出会えてよかった」と思っていただけたというリアルな実感があり、嬉しい瞬間です。
(東京・横浜エリア 司会・ブライダルMC 安納知里)

Nana Hiromi

広見 奈々 私は、新郎新婦との打合せを通じて、その場面に合ったシチュエーションをご提案させていただいております。
新郎新婦が和装宴内人前式で和テイストの結婚式に思いがあり、和服での司会を行った事もありました。
このお仕事をしていてとても嬉しい事は、ご結婚後にお子さまが生まれ、ご報告のお葉書を頂戴したり、その後もお付き合いしている事です。
7年前に司会をさせて頂いたお二人が、6歳のお嬢様とご友人のパーティーに出席され、嬉しい再会もできたりしました。
(東京 千葉エリア 司会・ブライダルMC 広見奈々)

Yasuto Tono

藤野 靖人 ハセガワエスティで、婚礼司会を長らくやらせて頂いている中で、最近つくづく感じるのは、新郎新婦との初の顔合わせ(打合せ)の大切さ。
打合せはまさに「お見合い」のようなもの。
いかに短い時間の中で、お二人と仲良くなれるか、好きになれるか。
大切な事は沢山ありますが、特に重要視しているのは、「共感する事」「いいなと思ったら言葉にして伝えること」「提案力」の3点です。
心打ち解ければ、そこからスムーズに打合せ!
「神は乗り越えられる試練しか与えない」ですからね。
(東京・横浜・大宮エリア 司会・ブライダルMC 藤野靖人)

Shigeru Okuyama

奥山 シゲル私は結婚披露宴の持つあの雰囲気が好きです。おしゃれをして、みんなが笑顔。誰もが幸せを感じ、どこか非日常的でもある。わずか2時間半という時間の中に、笑いや涙そして感動…様々なドラマが繰り広げられる。そんな披露宴のお手伝いができるブライダルMCの仕事が私は大好きです。それが結婚式司会を続けている理由だと思います。
もちろん、その雰囲気をさらに良いものにする為の事前の準備や当日の気配り心配りなど大変な面も沢山ありますが、新郎新婦やゲストの皆様の幸せそうな表情を見れば、そんな大変さ等どこかへ吹き飛んでしまいます。きっと、結婚式、披露宴の持つ幸せの力を私もひそかにいただいているのかもしれません。
(東京・横浜・大宮エリア 司会・ブライダルMC 奥山シゲル)

Megumi Naito

内藤 めぐみ結婚式披露宴司会にとって一番大切なのは、スタッフとのコミュニケーションです。披露宴の司会、本番は連係プレーですから、パーティーを成功させるのには必要不可欠です。披露宴司会の仕事をしていて良かったと感じる瞬間は、おひらき後、新郎新婦やゲストの皆さまに「いい司会でした」と言って頂いたときです。特にゲストの皆様が司会台までいらして言って頂いた時は、本当に嬉しいです。また、音楽とMCのコラボレーションが成功したときも嬉しいですね。曲の盛り上がりでケーキ入刀やドアオープンなど、細かく指定が入ることもあるのですが、そのタイミングがうまくいったときには音響さんと目線を合わせてにこっと笑いあいます。とても嬉しい一瞬です。
(東京エリア 司会・ブライダルMC 内藤めぐみ)

Sachiko Osanai

長内 祥子学生時代の結婚式場でのアルバイトで「婚礼司会者」の存在を知りました。
社会人になってから、心の中にあり続けた 結婚式の司会者 になってみたいという思いが、より一層強くなり「一生は一度しかないからやりたいことはやってみよう」という気持ちでハセガワエスティのブライダル司会スクールの門をたたきました。この仕事をしていて本当に良かったと思える瞬間が沢山あります。 2年後3年後も披露宴を挙げた日に会場に遊びに来られる方もいらっしゃいます。その時にお子様が増えていたりすると、家族の始まりに立ち会わせてもらったことへの感謝を感じる瞬間です。
心を動かす「人生」に触れることもできる結婚式の司会の仕事は、とてもやりがいのいある仕事だと感じます。
(東京・千葉エリア 司会・ブライダルMC 長内祥子)

Mei Chinen

知念 芽衣私が、数ある声の仕事の中から結婚式の司会を選んだのは、誰かのために、思いを持って声の仕事をしていきたいと思ったからです。
テレビを中心として仕事をしてきた私にとって、新郎新婦と一緒に進行のお打ち合わせをして、それぞれの新郎新婦に合った披露宴となるように、自分の中でイメージを作り上げていく事は、とても新鮮で遣り甲斐のある仕事です。ブライダルMCの仕事は、話すという事だけでなく、自分自身の中身を磨く事ができる、人として成長できる仕事です。
披露宴当日、新郎新婦に輝いてもらいたい!そんな思いで毎回司会をしています。新郎新婦を輝かせて初めて自分も輝きだす!それがブライダルMCです。
(東京エリア 司会・ブライダルMC 知念芽衣)

Shizuka Ogata

緒方 静 婚礼司会を始める前にも、ナレーションやMCなど、声のお仕事には携わっていました。 自分の持ち味を生かした仕事は何なのか、色々と考えていました。そして、自分が結婚式を挙げたアニヴェルセル表参道で司会者を見て、ウエディングの司会、婚礼司会に挑戦してみようと思ったのです。
「私の結婚式を担当してくれた司会者さん、すごく上手だったな」その司会者さんの在籍している、ハセガワエスティでオーディションを受け、ムヌールコンセイユの研修と資格試験に合格し、婚礼司会者として、デビューしました。ブライダルMCという仕事の素敵なところは、幸せな時間に立ち会えるということでしょうか。ゲストの皆様の笑い声。お二人の笑顔。それらが柔らかに溶け合う、優しい空間。お二人が過ごしてこられた時間や思い出を、少しでも共有出来たような気がして本当に嬉しくなります。そして、お二人やご両親、ゲストの皆様から、「素晴らしい司会でした。」とお礼の言葉を頂いた時には、「これからも頑張ろう!」という気持ちになります。
(東京エリア 司会・ブライダルMC 緒方静)

Miki Kurihara

栗原 美季披露宴の創りだす空気感が好きです。
披露宴の司会として、素敵な空気感作りには欠かせないお二人のお人柄とお気持ち、それを事前にしっかりリサーチします。実はこの作業が司会という仕事の中で、一番好きかもしれません。
ひとつとして同じものはない、お二人の歴史。そのひとつひとつのドラマをお聞きしながら、お二人の披露宴と、司会コメントをイメージしていきます。お二人らしさが溢れる幸せな空気。それをさらに心地よい空気にしたくて、今日も結婚式の司会者として、マイクを握ります。
(東京・横浜エリア 司会・ブライダルMC 栗原美季)

Mayumi Kusakabe

日下部 まゆみ結婚披露宴にはたくさんのドラマがあります。
司会をしていて思う事は、「新郎新婦を囲むご家族、ご友人、ご先輩…大切な方々との絆があふれるその場に携われることは本当に幸せです。」
何ヶ月もかけて準備をする披露宴だからこそ新郎新婦の想いが皆様に届くように私も当日を迎え、精一杯 司会を務めます。
結婚式、披露宴で一人でも多くの幸せな笑顔を見られるよう心を込めてブライダル司会を続けていきたいと思います。
(東京エリア 司会・ブライダルMC 日下部まゆみ)

Erika Nishiyama

西山 えり香司会の仕事が大好きです。
お祭りや各種イベント、企業パーティから七五三のお祝いの会などなど、とにかく色んな司会を経験してきましたが、なかでもこの場に立っていられて幸せだなぁと感じるのがブライダルの現場です。
結婚式の司会を担当させて頂いた新婦さんから、「いつもあんなキラキラしたところでお仕事ができて、羨ましいです。」と言っていただいたことがあります。
司会は「縁の下の力持ち」と、心がけてはいますが、その「キラキラな雰囲気」を作る一部になれればいいなと思います。
(東京エリア 司会・ブライダルMC 西山えり香)

Keiko Wada

和田 佳子 結婚式の司会の仕事を初めてしばらく経った頃に、列席者の方から「人の幸せに関われる素敵な仕事ですね」と初めて言われた時、このブライダル司会という仕事に誇りを感じた事を覚えています。あれからたくさんの幸せの瞬間に立ち会わせて頂きました。10人いればそれぞれ性格が違うように、パーティの形もさまざま。形式通りにはいきません。だからこそ、やりがいを感じるのだと思います。「喜んでいただけて、あたりまえの世界」。でもそれ以上のドラマに出会えた時には、心が踊るような喜びを感じる事ができます。新郎・新婦の人生の一大イベントが輝く笑顔で溢れるように、ブライダルMCとして今日も私は背筋を正してお二人の幸せのお手伝いをさせて頂きます。
(東京・横浜エリア 司会・ブライダルMC 和田佳子)

Satsuki Kawana

河奈 さつき結婚式は、一見どれも同じようなもの、と思われがちです。
しかし、こだわりどころや、同じ演出をしても、新郎新婦によって、またゲストによって、司会によって、当日の雰囲気はかなり違います。大袈裟な言い方かも知れませんが、つくづく、結婚式って人生の縮図だなぁと毎回感じます。司会者は、プロフィールのご紹介をするなど、かなりお二人のプライベートな部分まで関わる立場でもあります。
ただ司会進行するだけでなく、お二人らしさやこだわり、おもてなしの気持ちを、素敵だけれど、さりげなく、しかし、最高の演出でお届けできるように、と司会者として、マイクを握っています。
(東京エリア 司会・ブライダルMC 河奈さつき)

Mitsuko Shima

志麻 充子はじめて新郎新婦にお会いする時、私はとても緊張します。お二人は結婚式、披露宴パーティにどんな夢を持っていらっしゃるのだろう?
私は、司会者として、その思いに答えられるのだろうか?
でも当日、そんな私を支えてくれるのは、新郎新婦、ゲストの皆様の笑顔、そして一緒にブライダルパーティを作り上げていくスタッフの存在です。スタッフは皆、それぞれの持ち場で実にスマートに適確に笑顔で仕事をこなしていきます。司会は野球でいえばピッチャーのようなもの、スタッフの後押しで言葉というボールを投げかけます。
がっしりとした土台があれば安心して変幻自在のボールを操ることができるのです。
私は今日も素晴らしいスタッフのもと、気持ちよく司会をさせて頂いています。そして私も誰かを支える一人でありたいと思います。努力を惜しまず、笑顔を忘れず、当日のお二人の幸せを守れるそんなスタッフの一員として・・・・
(立川エリア 司会・ブライダルMC 志麻充子)

Tomoko Wakatsuki

若槻 智子ウエディングの司会をしていて思うのは、「披露宴は、祝福・感謝・感動など人の思いがあふれる、ドラマチックなパーティ」だと、言う事です。新郎新婦が、皆様と談笑したり写真撮影したり、とても楽しそうに過ごされている様子を見ると、私まで幸せな気持ちで満たされます。
ブライダル司会は、“お二人とゲストの皆様を結ぶ心の懸け橋”だと思います。打合せでは、お二人がイメージされていることや望まれていることをじっくりと伺い、疑問点などにお答えし、おススメの演出などあればご提案をしていくなど、コミュニケーションをしっかりとって進めてまいります。
そして迎えた当日、「楽しかったです!」と喜びの声を頂くと、私もご一緒に最高の記念日を創り上げられた嬉しさでいっぱいになります☆
(東京・横浜エリア 司会・ブライダルMC 若槻智子)

Masako Mori

森 まさ子「おめでとうございます」
言う方も、言われた方も温かい気持ちになる、魔法の言葉です。
婚礼司会はたくさんの「おめでとう」の気持ちに包まれた特別な日のお手伝いができる幸せなお仕事だと思っています。
婚礼司会を担当する前にも声の仕事に携わっていましたが、その頃は「いかに綺麗にしゃべるか」ということばかり考えていました。
婚礼司会は綺麗にしゃべってもなにも伝わりません。
新郎新婦お二人の人生に不思議なご縁でつながることができたこと、お二人、親御様、ご親族、 そしてゲストの皆さんのお気持ちを大切に受け止めながら、これからも幸せのお手伝いが出来ればと思います。
(東京エリア 司会・ブライダルMC 森まさ子)

Suzue Sakazaki

坂崎すずえ結婚ご披露はケーキ作りに少し似ていると思います。
新郎新婦が 事前にプランナーとじっくり時間をかけてのお打ち合わせが ケーキの材料集めや、土台作りだとしたら結婚式の司会は仕上げの飾り付けのホイップ部分。
ご披露の中で、数多く関わる スタッフの中でも 終盤に打合せをし、一番目立つところに飾り付けをするのですから、とても責任重大です。
これからも 新郎新婦とゲストの皆様と 人生の記念日にふさわしい 素敵なケーキに司会者としてオリジナルな飾り付けをしていきたいと思います。
(東京エリア 司会・ブライダルMC 坂崎すずえ)

Ayako Fuji

冨士絢子結婚式はお二人にとっての特別な日。
ご誕生されてから今日までを知る皆様が集う日はまさにこれまでのお二人の歴史を知る日でもありお披露目です。
その日が笑顔でスタートとなり楽しい思い出をお作り頂ける様に心を込めて司会をさせて頂いています。
「この日だからこそ伝える事ができる思いを大切に言葉にして届けて行きたい」と結婚式の司会という仕事を通じて強く感じます。
ご縁あり司会をさせて頂けるけることにいつも喜びと感謝の気持ちで一杯です。
(東京エリア 司会・ブライダルMC 冨士絢子)

Tomoko Yamaguchi

山口智子「この会場で結婚式ができてよかったです。」「ゲストの方々から、素晴らしい披露宴だったねと言われました。」新郎新婦からのとても嬉しいお言葉です。これまで、沢山の方々に支えて頂いたおかげで今があることが分かり、感謝の思いが溢れる結婚式。ありがとうの思いを自分達なりに伝えたいという方々が多くいらっしゃるので、新郎新婦に喜んで頂くことはもちろん、お二人にとって大切なゲストの皆様にもご満足頂きたいという思いで毎回マイクを握っています。安心して気持ち良く一日を過ごして頂くために、スタッフ同士のチームワークも大切にしながら幸せの場に携わらせて頂いています。お二人の思いが伝わり、笑顔と感動溢れる披露宴を一緒に作っていきましょう!!
(東京エリア司会・ブライダルMC 山口智子)

Ai Nako

名幸あい結婚式ほど「みんなが幸せで自然と笑顔が溢れる集い」はないと思います。主役の新郎新婦はもちろん、ご家族やゲストの皆さまの嬉しそうな笑顔、あたたかいお気持ちに包まれた最高のひとときです。その笑顔ひとつひとつをもっともっと輝かせたい、新郎新婦の言葉にならない想いも全て伝えたい、そんな気持ちでマイクを握っています。
ブライダルの司会は「美しく話すこと」だけではなく、「誰かを想う気持ち」を伝える心の仕事。打ち合わせでは、お二人のご希望や夢をたくさん伺えるよう、和やかで話しやすい雰囲気づくりを心がけています。お二人や、お二人が大切に想っている全ての方にとって「最高に幸せな1日」を形にするべく、心を込めてお手伝いをさせて頂いております。
(東京エリア司会・ブライダルMC 名幸あい)

Chiaki Suzuki

鈴木智顕新郎新婦とのお打ち合わせで「鈴木さん頼りにしています。私たちの披露宴をお任せします。」そんなお言葉を頂けることが多くなりました。
お二人にとって一生に一度の大切な記念日を、出会ったばかりの私に任せて頂ける。そんな光栄な事はありません。
ある新郎は、男性司会者に対して強くこだわりをお持ちでした。お打ち合わせでは新郎から司会のイメージもお伝え頂き、その期待にお応え出来るようイメージをしながら迎えた当日。送賓の際こんな一言を頂きました。「鈴木さん、私達の理想とする司会をしてくれて本当にありがとうございます!」お二人の期待に沿う事が出来た安堵感と共に、広がった大きな喜び。この一言は司会を続けていく上でずっと忘れられない一言となりました。お二人の幸せの舞台に関わらせて頂けるだけでなく、
人生の糧となるような経験をすることが出来るブライダルMCという仕事が私は大好きです。
(東京・横浜・立川エリア司会・ブライダルMC 鈴木智顕)

Masami Shiga

志賀雅美学生時代に結婚式場でアルバイトをしていた頃、ただ漠然と司会者さんをみていました。まさか自分が司会者になるとは・・・
誰もが自然と笑顔になれる空間の結婚式。お二人が何ヶ月もかけて準備を進めてきたお気持ちなど、少しでもコメントに活かし、楽しい時間を過ごしていただけるよう心がけ、スタッフ同士のコミュニケーションはもちろんですが、時にはゲストの方からも力をもらっている気がします。
「素敵なお仕事をされていますね。」そんな言葉をいただけた時、司会者でよかったと感じる瞬間です。そして、新郎新婦の最高の思い出を作れるようにお手伝いをしたいと思います。
(東京・立川エリア司会・ブライダルMC 志賀雅美)

Matsuoka Rie

松岡りえ笑って泣いて、かけがえのない時間を共にした学生時代の仲間。お世話になった方。育ててくれた大切な人。そんな方々のことを考え、思いを馳せる。結婚とは、歩んできた人生を振り返り、今まで関わってくれた皆様との絆を確認することができる素敵なライフイベントです。
沢山の思いを胸に結婚式を迎えられるお二人。お越し頂いた大切な皆様へ、お二人の思いがしっかりと伝わりますように。
最良の1日となりますように。心を込めてお手伝いさせて頂きます。
(東京エリア司会・ブライダルMC 松岡りえ)

Asuka Maeda

前田明日香学生の頃からブライダルに興味を持ち、最初に出会ったのはウェディングドレスのスタイリストでした。スタイリングはもちろんのこと、それ以上に新郎新婦と色んなお話をする事がとても楽しくてドレスのスタイリストだけでは気持ちが抑えきれず、結婚式当日に新郎新婦の想いを表現できるのは司会しかない!と思い、ブライダルだけに特化した司会を目指すようになりました。結婚式当日よりも、実はお二人との事前のお打ち合わせが大好きな私。
司会進行の話よりも、プライベートな話をする事であっという間にいつも時間が過ぎてしまう程。司会だけでなく、どんな演出、どんなおもてなしをしたいかを新郎新婦お二人と一緒に考えそれを当日形にする事が私の仕事だと思っています。実際にわたし自身も結婚式をした経験も活かし、お二人をサポートさせて頂きます♪
(東京エリア司会・ブライダルMC 前田明日香)

Rika Sato

佐藤理香披露宴に集まったゲストのみなさまの表情を見るのがとても好きです。
新郎新婦を囲んでいるときはもちろん、お二人の登場を待つ時間やお帰りの際も、たくさんの笑顔・驚き・感動の表情を目にすることができます。そんなゲストのみなさまの表情をご覧になり、新郎新婦もまた「これから夫婦になるんだ」という実感が湧いてくるのではないでしょうか。
司会として、「人生の新しいスタートの瞬間」に立ち会えることに幸せを感じ、お二人とゲストが創り出す感動のシーンにおおいに心を揺さぶられながら、日々みなさまの前に立っております。
(東京エリア司会・ブライダルMC 佐藤理香)

Momoko Tsuchiya

土屋桃子「おめでとう!」「ありがとう!」そんな言葉が溢れる新郎新婦にとって人生最高の瞬間、結婚式。そのひと時に立ち会う事が出来る司会という仕事が大好きです。ゲストの方からの「おめでとう!」という言葉や温かい拍手を受けてキラキラと輝くお2人の笑顔を見ると、私も胸がいっぱいになり、とても幸せな気持ちになります。結婚式は、新郎新婦の幸せをゲストみんなでシェアする、そんな時間なんだと思います。お2人はもちろんの事、会場にいるゲストの方にもたくさんの幸せを感じて欲しい、そう願い日々マイクを握っています。感謝の思いでいっぱいの新郎新婦、溢れる愛情で見守る親御様、そして祝福の思いをたくさんお持ちのゲストの皆様。そのたくさんのお気持ちをお伝え出来るよう、これからも心を込めて幸せのお手伝いをしていきたいと思います。
(東京・横浜・立川エリア司会・ブライダルMC 土屋桃子)

Sunaguchi Maiko

砂口麻衣子大切な皆様に見守って頂く中、最愛の人と、永遠の愛をお誓いになる、人生最大のセレモニー当日をお迎えになるまでの準備期間は、楽しいだけではなく、大変な事も多いようです。そんなお二人の披露宴へ込めた思い、ゲストの方々への感謝の気持ちなどを、お伝えする事を大切にしています。ゲストの方々から、沢山の祝福を頂き、泣いたり、笑ったり、そんなお二人の表情を見ると、嬉しい気持ちで胸がいっぱいになります。ブライダルMCとして、幸せのお手伝いに携われる事を、とても嬉しく思います。何より、新郎新婦との出会いは、私にとって、運命の出会いのようなもの。ご縁があり、出会えた事に感謝しています。
(東京・横浜エリア司会・ブライダルMC 砂口麻衣子)

Kiyoko Tanaka

田中希代子結婚式は、新郎新婦とゲストが創り上げるドラマだと感じています。
そして、支えてくださるゲストの方や、育ててくださった親御様に、ありがとうという感謝の気持もちや、愛情を伝えられる特別な日です。
新郎新婦には、胸に抱いたその思いを大切な方に伝えて頂きたいと思います。愛情に包まれた温かいウエディングパーティーとなりますように、お手伝いさせて頂きます。心に残る一日となりますように願っています。
(東京エリア司会・ブライダルMC 田中希代子)

Junko Miyamoto

宮本純子司会のお仕事をしていると、人と人との「繋がり」や「ご縁」というものを強く感じます。お仕事の一つに、新郎新婦とのお打ち合わせがあるのですが、このお打ち合わせの中で、新郎新婦お二人の馴れ初めを伺うことが多くあります。お二人が出会われたきっかけはそれぞれ様々ですが、お話を伺っていると、どのカップルも、本当に出会うべくして出会われたのだな、とつくづく感じます。その中で、その新郎新婦のご披露宴の司会を私が担当させて頂くこともまた、「ご縁」があってのことなのだと思います。一見、偶然に決まったようにも思えますが、新郎新婦どちらかと出身地や出身校が同じだったり、趣味の話題で盛り上がったり…何かしら、お二人との共通点があることは少なくありません。
そんな時、初めてお会いしたお二人でも、まるで昔からの知り合いのような親しみが湧いてきます。そんな素敵な「ご縁」が引き寄せてくれた出会いを大切に、これからも一組一組、心を込めて、幸せの門出のお手伝いをさせて頂きたいと思っています。
(東京・横浜エリア司会・ブライダルMC 宮本純子)

Maki Suginome

杉目真希これまでの沢山の『ありがとう』を込めて過ごす最良の一日が結婚式。
新郎新婦の幸せなお気持ちや感謝の想いが、大切な皆様に届くようにお手伝いしたいと思っています。一つとして同じパーティーは存在しない、
お二人らしさが詰まった一日を一緒に創り上げてゆくのは、司会にとっても幸せでやりがいのあるお時間です。お二人と気持ち・歩幅をあわせること、そして、会場の皆様の反応や空気感を感じながら、生まれてくる臨場感あふれる温かく優しい言葉を大切にしています。
新郎新婦に『私たちって幸せ!』『結婚式やってよかった!』と感じて頂けることがなにより嬉しいです。これからも沢山の新郎新婦に出会えることを楽しみにしています。
(東京エリア司会・ブライダルMC 杉目真希)

婚礼司会 「ムヌールコンセイユ」が活躍する結婚式場